なぜできる?大人ニキビ

 
なぜできる?大人ニキビ

なぜ大人ニキビは出来るのでしょうか?

大人のニキビは、、、いつも同じ場所にできますよね。。。繰り返しできるので、お肌の色がくすんだり、最悪ニキビ跡が残り、、凸凹肌になってしまったりして、、最悪な気分になってしまいます。

特にあご回りとか、、、ファンデーションで隠し切れなかったりしますので、、気になりますよね。。

この大人ニキビですが、、、根本となる原因は、いろいろあるといわれています。結局お肌に悪いこと、、、乾燥等が大きく影響しますので、規則正しい生活や、、乾燥に対するケアが重要になってくるわけです。

例えば、、、ストレスも良くないといわれますが、、ストレスと、ニキビ、、、いまいちぴんと来ない方もいらっしゃるかもしれません。。。

ストレスがなぜニキビまでつながってしまうか?というと、、ストレスがたまると自律神経が乱れます。。自律神経が乱れると、健康な肌を維持する機能も衰え、例えば乾燥肌とかになってしまいがちです。乾燥肌になると、、古い角質が毛穴に詰まったりして、、ニキビに発展してしまう。。みたいなこととになってしまいます。

ストレス以外にも、偏食(スナック菓子、脂っこいものなどの暴飲暴食)、睡眠不足などから、乾燥肌やお化粧残り、洗顔のし過ぎなど、、、いろんな原因要素があります。


ただし、、結局毛穴をきれいにし、はだのうるおいをキープすることで大部分はケアすることが可能ですので、日々の習慣としてお肌ケア~ニキビケアをしていただくとよいと思います。

思春期のニキビと何が違うの?

 
思春期のニキビと何が違うの?

大人ニキビの原因って何でしょう?思春期ニキビとは何が違うの?

という事なんですが、、、やはり大人ニキビと思春期のニキビって原因が全く異なりますよね。。毛穴が詰まり炎症を起こす(つまりニキビ)という状態は同じですが、、根本の原因が全く異なります。

また、思春期ニキビは、、根治という思想もそんなに無いですよね。。それこそ思春期にはつきもので、一過性であることが多いですからね。。

でも大人ニキビは事情が違います。。お肌の状態やターンオーバーの状態も全然異なりますし、、加齢、ホルモンバランスの崩れ、、乾燥肌等々、、どうしようもないことが原因だった理もします!

ですので、、大人ニキビと思春期ニキビは対策が全く異なるんですね。。例えば薬局で対策商品を探した時、、、思春期ニキビは、、、第2次医薬品コーナーでクレアラシルのような今できているニキビをあとを残さず消していく。。という商品がメインの選択肢になりますよね。。。


大人用のニキビケアは、とどちらかというと、化粧品よりになってきます。。セガンが基本であることはどちらのニキビも変わらないのですが、、、大人ニキビは、保湿や、お肌の油分調整、凸凹になってしまったお肌のケア成分などが主な機能で、、化粧水や、、保湿液の効果に近い製品が多いですね。。。

先ほども記載しましたが、ニキビ自体の原因は、毛穴のつまり~炎症発生。これだけです。。他にはありません。

でも、なんで毛穴に汚れが詰まってしまうのか?毛穴に詰まる汚れは何なのか?については、大人ニキビ特有の原因があります。

各商品サイトを確認すると、やはり根本原因は同じような内容が書いてあります。。

ストレスや、ホルモンバランスの乱れ、加齢などによって引き起こされるターンオーバーの乱れが大人ニキビの根本原因と考えられています。
また、乾燥肌により過剰に油脂油を分泌してしまい、ニキビになってしまう。ケースも多くなっています。そのほか、、、お化粧残り等で毛穴が詰まってしまう。。。などもg根人として考えられます。

タイプ別大人ニキビの原因徹底調査

 
タイプ別大人ニキビの原因徹底調査

タイプ/部位別のニキビ原因調査と対策をご紹介します。

背中にできるニキビのケアについて・・・・

背中にできるニキビは、、気が付きにくいのと衣服で蒸れてしまうので、悪化しやすく跡が残りやすいという特徴がありますよね。。

この背中ニキビですが、まず背中なので、日々の入浴でもなかなか洗いづらい場所ですよね。。。ですので、、与力を付けてまずはよく洗い、ボディーソープも良く流すようにしましょう。毛穴に汚れ等が詰まってしまうとよくありません。また、背中は皮膚が厚いので、、jitte+のような浸透力のある製品でケアしたほうが良いでしょう。

次に、フェイスライン、あご回りのニキビケアについて。。。
フェイスラインについては、特に顎は、普段それほど汗をかかない部分であるため、他の部分に比べて毛穴が発達していません。皮脂の分泌が少し増えただけでも、すぐに毛穴が詰まります。
また、肌のターンオーバーが遅いためにニキビが治りにくく、にきびが治っても痕が残りやすい部分なのです。この点を意識し、正しいケアを行いましょう。

大人ニキビは、皮脂を取り過ぎないように気をつけましょう。大人の肌は思春期よりも皮脂分泌が少ないので、必要な皮脂まで取り去ってしまうと、かえって肌の調子が悪くなり、ニキビができやすくなります。植物由来の保湿成分など肌にうるおいをあたえる成分を配合したニキビケアを選びましょう。

いつも使っている化粧品なのに、時期によって肌に刺激を感じたり、肌荒れを起こしたりする場合は、ホルモンバランスが影響している可能性があります。月経周期の中のホルモンバランスの変化に伴って、肌の状態も変化します。毎日同じケアを続けるのではなく、肌の状態に合わせて適切なケアを行いましょう。

また、あごのニキビについては、洗顔のし過ぎという可能性もあります。この場合、洗顔の回数を抑え、タオル等で顔をふくようにするとよいかもしれません。

そのほかの顔の部位について。。。。



ページの先頭へ